glidert’s blog

ヒーローを目指してITをやいばのブーメランにするべく日本に帰ってきました。

生きる

生きるのに目的なんか必要ない

生きるのに目的なんか必要ない いきなり過剰な主張をしたが、気づきがあった。 「目的を持って行動しなさい」 学生の頃、父の言葉を私は信じてきた。 しかし、どこか腑に落ちない、いわば押し付けを感じていた。 例えば、大学を卒業して、アメリカの大学院に…

すぐ役立つことは、すぐ役に立たなくなる

久しぶりに良本に出会えた。 伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力 作者: 橋本武 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2012/01/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 16回 この商品を含むブログ (8件) を見る タイトルや煽り文句に狙っ…

「マイクロファイナンスと保健医療」フォーラムの感想と「慎 泰俊」さんからの気づき

今日は「マイクロファイナンスと保健医療」のフォーラムに行ってきた。 久しぶりにTwitterを開いたらフォローしている 慎 泰俊(シンテジュン)さんのつぶやきでこのイベントを知った。 アメリカ留学時代、テジュンさんのブログから非常に勇気をもらっていた。…

幕末がなぜ面白いのかー躍動する30代前後の有志達の姿

実家に帰省中、たまたま本屋で 『西郷南洲遺訓』のついでに 『徹底図解 幕末・維新―近代日本の幕を開いた激動の20年』を買った。 幕末、明治維新の目まぐるしく時代が切り替わる中で、 躍動する30代前後の有志達。 自分と年が近い、(自分が近くなってきた)…

バングラデシュ襲撃事件の悲報を聞いて

悲しいニュースだ。 自分と同じ年くらいの人も亡くなっていて胸が痛い。 しかも、国を越えて、現地の人々のことを想い行動をしていた人たち。 とても無念だろう。 決して遠い話ではない。 仕事で国際協力の分野に関わることに関心はあるし、休みでも 秋にピ…

和田さんの死― 今も未来も 熱いバトルを起こせ! 

残念だ。 大好きだったデジモンの主題歌を歌っていた 和田さんが42歳で亡くなってしまった。 まさに子供の頃、そして今も映画で熱中している デジモンの影の立役者の方だ。 留学で勉強が辛かった時、気持ちを奮い立たせるために 和田さんには何度も助けても…

手段と目的の混同の中で…

久しぶりに更新。 ブログの方は、12月から1月にかけてマイナー専攻のはずの 遊び人の道(かすかな賢者の道へ続くと信じる)を突き進んでいた。 1月から、営業・企画職に社内ジョブチェンジを行ってから、 理解はしていたけど、毎日仕事に追われていた。失敗ば…

生き方と人・モノ・カネ・情報

経営資源の要素の理論として、 人・モノ・カネ・情報が挙げられる。 仮に自分の生き方について もし、これらの要素に優先度をつけるなら どのような順番になるだろうか。 生き方は、自分の幸せに繋がる。 もちろん、人によって回答は異なるだろう。 僕の場合…

感情的な未熟さ

まだまだ未熟者だ。 部の懇親会の重なるリスケジュールに 対してついに感情を抑えられなかった。 「そんなに言うなら私の代わりに ゲストが企画すればいいじゃないですか」思わず怒りがこみあげて言葉を発してしまった。 矛先は連絡の滞っていたゲストに向か…

日本語と英語の思考― Combine two ways of thinking

日本語と英語の思考 それは、言語として使う文字数が全く違うのだから 発想が変わって当然といえる。 英語は、アルファベットAからZまで26文字 一方、 日本語は、ひらがな(50文字)、カタカナ(50文字)、常用漢字(2136文字) で合計2236文字 例えば、文字…

ヒーローの考察 その1 ヒーローとは? -2人の著者の意見から

Who is an hero? Who is a Yusya? ヒーローとはどういう人なのか。 勇者とは、どういう人なのか。 It depends on person to person. それは人によって異なるだろう。 I would like to introduce 2 authors for thinking about an hero. ヒーローについて考察…

なぜ軸を持つ必要があるのか?

先週は名古屋へ出張だった。出張の帰り、上司と飲んだ。 上司から言われた通り、「自分の軸」が今の僕にはなかった。 軸とはなんだろう。なぜ軸が必要なのか。 学生時代のことを思い出した。 大学3年の後半の就職活動の時期に 急に周りが 「軸を持つ」とか …

26ー"非日常"という日常を創り出す― Creating an "Unusual Day" as Usual

今週は大阪に出張して、中学(偶然)、高校、大学の友人達と会った。 たこ焼きや串かつを食べていろいろ語り合った。 Thanks to the bisiness trip, I met many old friends at Osaka. We enjoyed talking with tasty food, like Takoyaki. 本気で熱く語り合…

何のために成長するの? Why do we need to grow?

なぜ僕たちは成長する必要があるの? その理由がよくわからなかった。 Why do we need to grow? I'm looking for the meaning for growth. 成長の必要性について語る人は多い。 しかし、その理由について触れている人は少ない。 Many people say that we nee…

このままの成長率でよいのか?

3年間で大きく飛躍することを決めた。 今日で457/1095日目。(約42%) 「お前はこのままの成長のスピードでいいんか?」 先輩に言われた言葉。 目の前の作業で手一杯になってる。 集中力なくダラダラと作業してる自分に危機感を感じる。 目の前の作業を当た…

「金」の型を作る

私がITを活用している分野は製造業である。 具体的には、3D-CADを用いて生産技術を支援する活動である。 そこで、対象となっているのが金型である。 金型とは、文字通り金属の型のことで、 身近なものでいえば、たい焼きの型がある。 私達がが普段使っている…

失敗し続ける

基本情報の結果が返ってきた。 案の定、午後でまたITゴーレムに倒されて 落ちてしまった。3回目。 考えてみれば、留学の前のTOEFL-iBTも 80点の壁を越えるために7回ぐらいは試験を受けていた。 実力が足りないのはしょうがない。 それでも自分のペースで次取…

明日の3度目の基本情報技術者試験-Better Late than never

明日は、いよいよ3回目の基本情報技術者試験。 なかなか、基本情報に向けての更新ができなかった。 それは、午後対策の準備をちゃんとできていない 情けない自分を出したくなかったから。 ただ、カッコ悪い自分も自分なので、それを受け入れる。 何一つわか…

時間―あなたのライフポイントはいくつですか? 机上の空論その2

机上の空論その1「2015年の残り日数」に続き <a href="http://it-yushya-from-zero.hatenablog.com/entry/2015/03/15/235013" data-mce-href="http://it-yushya-from-zero.hatenablog.com/entry/2015/03/15/235013">2015年の残り日数― 机上の空論その1…

タイの方の帰国―職場の方と僕の距離を縮めてくれた存在

本日、グループ会社のタイの方が 日本での滞在を終えてタイにご帰国される。 お別れ(Farewell)パーティでは シュールで味のあるフォトムービーを作ってくださった。 数ヶ月という短い間だったけど、彼の存在は本当に大きかった。 上司に 「彼が来て、お前と…

1年目の振り返り―同期の悔し涙を忘れない。

新人1年目の振り返り研修があった。 1年目も終わり、2年目が始まろうとしている。 それぞれの成長を振り返る中で、 みんな、職場でありたい自分の理想の姿と そうなっていない今の自分とのギャップに 悔しさを感じていることを共有した。 研修の終盤の個…

2015年の残り日数― 机上の空論その1

少し先を見て、1日の成長率 (△)を高めるために 2015年の残りの日数を計算してみた。 表:2015年の平日/休日の日数(※2015年3月1日より計算) 2015年 平日 土曜日 日曜日 祝日 1ヶ月 3月 22 4 5 0 31 4月 21 4 4 1 30 5月 18 5 5 3 31 6月 22 4 4 0 30 7月 2…

既にIT界にヒーローがいた!!

なんということだ。。。 もう既に、IT界にはヒーローのような存在が いたようだ。 2014年5月30日発売の 「ヒーローのように働く7つの法則」 ヒーローのように働く7つの法則 | Life is Tech ! ヒーローのように働く7つの法則 | 書籍スペシャルサイト | Life i…

生意気であり続ける

毎朝通勤の時間に Steve Jobsの 「2005年スタンフォード大学での卒業式でのスピーチ」 をシャドーウイングしている。 スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版 - YouTube 最後のメッセージ "Stay Hungry, Stay Foolish" 何度も聞いて…

ハラール・アキハバラ

外国人の友達と観光することになり 日本を紹介するとこばかり考えていた。 インドネシアの友人と 日本のお土産を買いにやってきた場所は秋葉原。 娘さんのお土産に探した仮面ライダーウィザードのフィギュア。 奥さんにメールで30分交渉してなんとか手に入れ…

ー2014年の振り返りー ベスト3&気づき「検証を行うことの大切さ」

2014年のまとめを行いたいと思います。 まずは、 2014年にベストを尽くしたことのランキング3を発表します。 3位:修士論文 4月に日本に帰ってきて、会社で働き始めた。研修を受けた後1時間と、 ゴールデンウイークを全て使って論文を書き終えた。 「ベトナム…

何かを信じるということ

何かを信じている人は非常に魅力的だ。 例えば、 留学時代の敬虔なクリスチャンだったアメリカ人のJosh。 おしやべりで自分の髪が大好きなヒンドゥー教のインド人Pardeep。 いつも笑顔を絶やさずにわかりやすく教えてくれたイスラム教のTanvir。 彼らは強い…

何のために働くのか―場を提供できる人間を目指す

日々の目の前の業務に取り組みながらも、 最近、自分が何のためなら働けるのか考えている。 お金なのか、名誉のためか、休日のためなのか。 どれもピンとこない。 そんな時、自分の漠然と考えていたことを既に行動されている方がいた。 「だれもが挑戦をした…

助け、助けられて生きている

先週の金曜日は家族の体調不良 もあり 珍しくメンタル的に弱くなっていた。 そして 帰宅中にPCをスーパーのレジに 置き忘れてしまった。 土日は同期との合宿があり、 月曜日は会社の上の方とのお付き合いがあった。 月曜日は、結局0時前までかかった。 そ…

25

25歳になった。スゴいやつらは頭角を既に出している。 例えば サッカーでは香川真司 KAGAWA SHINJI OFFICIAL WEBSITE KAGAWA SHINJI OFFICIAL WEBSITE テニスでは錦織圭 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COMITではサイバーエージェントの年下では サイバーエ…

勇者を目指して日本に帰ってきた―ITゼロからの挑戦!!

2年間の米国留学を終えて、 4月1日から東京のITの会社で働き始めました。 ヒーローになることを夢見て、 ダーマ神殿へやってきた 経済学を勉強した学生は レベル0のIT社会人になりました。 ここから1歩ずつ やいばのブーメランのように ITを自らの武器にする…